介護の仕事は安月給!

有料老人ホームで介護福祉士としてパートで働いています。介護職は給料が安いとよく言われますが、本当にその通りです。近年は処遇改善制度が出来てから多少は頂けるお給料も増えてきましたが、基本的には安月給です。なのに、業務は常に時間に追われて多忙な日々です。朝は朝食が済んだら口腔ケアをしてベッドに臥床してもらいます。そこから曜日によって入浴する入居者様が決まっているので検温をして入浴をして頂きます。一人で大体午前中に4人ほど介助をして、入浴の担当でなければ入居者様の水分補給をしたりシーツ交換をしたりオムツ交換をしたりします。昼食の時間はまた介助が必要な方には会場して、職員は交互に休憩に入ります。午後からはたまった洗濯物を畳んだり居室にお配りしたり、午後の入浴もありますしおやつの誘導やオムツ交換、また夕食までバタバタです。夕食後は口腔ケアをしてパジャマに更衣する介助も必要になります。入床してからは巡視やオムツ交換が入りますし、コール対応をします。その合間には雑務をこなし、あっという間に朝になります。業界時間内は常に早歩きが癖になり、でも入居者様との時間や会話は焦らせることのないように気を付けています。私の職場では入居者様の記録を対応したその都度記載するので、座っていられるのはその時間くらいです。出勤の職員の人数は決まっているので、最低限の人数でシフトが組まれています。最近では職員も体調を崩すことが多くなってきたので、もっと余裕があるゆったりした仕事の時間がほしいです。あの業務内容で今の給料では入職する職員は増えないし、いつまでも介護現場の人手不足は解消されないと思います。